おせちに対する飽くなき追及

こんにちは!今山(イマヤマ)です。

 

もう来週の今頃はおせち食べてますね笑

ウチの実家はいつも作ってましたが

今回初めて知り合いの料理屋さんのおせちを

注文したとか。

ちょっとどんなおせちになるのか楽しみです。

 

宅配おせちも一般的になって、百貨店とか

色んなところで売ってます。

予算とか品質とか色々みて決めないと

アカンから真剣になりますよね。

 

宅配おせちでエラい好調な会社があります。

福岡にある博多久松という会社です。

元々は仕出し屋として開業し、今では

自社工場を持つ総合食品メーカーに。

 

【関連記事】

 日経トレンディネット 

平成最後のおせちトレンド 「豪華」と「100円」に二極化
https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/112001572/
楽天の調査によると、おせち商品の注文時期は年々早期化が進んでいるという。さらに、数量限定の高額なおせちは11月中に販売が終了することも。豪華なおせちの需要が高まる一方で、「100円おせち」も売り上げを伸ばしている。
 www.rakuten.ne.jp

博多久松おせち誕生秘話 | 【博多久松】おせち特集2019新春 楽天市場
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hisamatsu/osechi/story.html
12年連続楽天グルメ大賞受賞!博多久松おせち特集2019新春。今回も価格や人数などからお選びいただけるよう、各種おせちをご用意いたしました。

 

 

宅配おせち事業を始めたのが2004年。

当初は90個しか売れなかったが17年には

約15万個を売り上げる大型事業へと

発展しました。

 

その発展の裏側には「お客様との商品づくり」

を徹底していることにあります。

 

冷凍ですから味を保つためにも高い加工技術

がどうしても必要となります。

冷凍しても美味い食材、料理なのかを

見極める目利きも必要です。

博多久松ではお客様の意見を積極的に聞き

自社の技術ノウハウを構築。

冷凍に向くレシピにどんどん

作り替えていきました。

 

お客様目線の徹底はサポートセンターにも

現れてます。

年末年始は23時までやってるという。

これはもう安心して注文しますよね笑

 

ちなみに「おためしおせち」は

2007年に博多久松が発祥と言われて

おります。

 

宅配おせちのトップ企業からも

分かるように日々追及なんですよね。

「最高のおせちを届けるんや!」

「お客様を何が何でも納得させるんや!」

っていうゴールがしっかり見えてるから

後はやるかやらないかだけなんです。

 

来週おせちを食べながら博多久松の

話をしたげて下さい。

おせちにそんな熱い思いを抱く

企業があんねや~って感じで

感心されますよ!

 

それでは明日もお楽しみに!!では。

ブログ読者の方へご案内

何かのご縁で興味を持って下さりありがとうございます。

「人間関係」「金銭関係」の束縛から開放される生活

これが私の直近のテーマです。

私に共感してくれたあなたには、ぜひ仲間になってもらいたいと考えております。

私ができることはまだまだ大したことないですが、仲間全員で大きくしていきたいです。

そのためにはあなたが必要です。

でも実際にどうやれば稼げるんだろう?と思っておられるかと思います。

その具体的な部分をメルマガでお伝えしていきます。

このご縁をきっかけに仲間をどんどん増やしていきたいと考えております。

ぜひ私の考えが面白い!とか参加したい!

とか思ってましたら、まずメルマガに登録下さい。

登録してくれた方には、私から感謝の気持ちとして実際コンサルで使ったPDF教材

「Twitterで集客!フォロワーUP編」をプレゼントします。

ではあなたとメルマガでお会いできるのを楽しみにしております。

今この瞬間から、あなたも人生を明るくしていきましょう!