アクセスが伸びるタイトルのつけ方6選


こんにちは!今山です。

今日は「アクセスが伸びるタイトルのつけ方6選」というテーマでお送りします。

記事作成で必ず悩むのがタイトルです。タイトルが悪かったら検索にも引っかからないですし、読んでもくれません。

先日稼いでる知り合いからどうやってタイトルをつけてるか聞きだして参りました。ですので早速シェアして参ります。

タイトルのつけ方には6つのパターンがある

聞き出した内容を分析しますと、6つのパターンに分類できるということが分かりました。

あなたもこれまで経験則でタイトルをつけてきたかと思います。

ですが、今後はこれから紹介します6つのパターンを意識されることをオススメします。

以下6つのパターンです。

ストレートタイプ

その名の通り、読者にストレートに伝えるタイプです。

一番楽にタイトルをつけることができます。

例:本当に1,000万円稼ぐためのオススメの方法を紹介!

遠回しタイプ

読者の関心を誘うように遠回しな表現をするタイプです。

そこそこ頭使ってタイトルをつけなければなりません。

それには経験がモノを言います。

例:悪徳業者に注意!高額塾の内容について

ハウツータイプ

簡単かつ即効で効果を求める読者に訴求します。

わりとアクセスを稼ぐタイプと言われております。

例:初心者でも簡単に稼げるネットビジネス3選

クエスチョンタイプ

タイトルで読者に問いかけ、本文でそれに対する答えを読ませるタイプです。

例:成功する人・失敗する人の要因って知ってますか?

マストタイプ

読者の背中をグッと押すニュアンスで訴えかけるタイプです。

例:稼ぎたいあなた!普段からの努力を怠るな!

ニュースタイプ

その名のとおり、旬な話題のニュースを引き合いに出して、読者に訴求するタイプです。

例:オリンピック間近!人気の宿泊予約アプリを紹介

初心者はどのタイプを選べばいいか

特にしばりなく、6つのパターン何でも選んで書いて実践してみてください。

初心者は書けないということがネックになってきますので、まず書くことです。

書きたいことをひたすら書いていくのが大事な時期があります。

「ハウツータイプ」ばかりのブログでも読者からするとつまらないものになります。

6つのタイプ全部あるブログが理想です。

最後は良いコンテンツがアクセスを集める

タイトルのつけ方を紹介してきましたが、最後は良いコンテンツがアクセスを集めます。

いくらタイトルが良くてもコンテンツがつまらないとアクセスが伸びません。

タイトルは「読んでもらうきっかけでしかない」ということを忘れないでください。

そのためにも普段からの勉強を怠ってはいけません。

まとめ

今日は「アクセスが伸びるタイトルのつけ方6選」というテーマでお送りしました。

タイトルのつけ方には6つのパターンがあります。

初心者は特にしばりなく、6つのパターン何でも選んで書いて実践してみてください。

初心者は書けないということがネックになってきますので、まずは書くことです。

タイトルのつけ方の解説をしてきましたが、最後は良いコンテンツがアクセスを集めます。

いくらタイトルが良くてもコンテンツがつまらないとアクセスが伸びません。

タイトルは「読んでもらうきっかけでしかない」ということを忘れないでください。

あなたのブログ作りの参考になりましたら幸いです。

もしタイトルで迷うことがありましたら今山に連絡してください。

それでは明日もお楽しみに!では。

いつもブログを読んで下さりありがとうございます。

ブログ読者の方へご案内

何かのご縁で興味を持って下さりありがとうございます。
今山から「稼ぎたい」あなたの期待にお応えしましてメルマガを送付したいと考えております。

ブログでは言えない「5つのトピックス」をメルマガ限定で配信中です。
詳細ご確認のうえ、ぜひこの機会にご登録ください。