ブログで読者に刺さるキーワードとは?


こんにちは!今山です。

今日は「ブログで読者に刺さるキーワードとは?」というテーマでお送りします。

インパクトのある言葉選びや見せ方は直接アクセスにつながるわけではない

ブロガーなら毎日考えますよね。

どんなキーワードがアクセス集められるんだろ?と。

私もそのひとりでございます笑

大多数の人はどんな記事が当たるか分からないんで、とりあえず数打つしかないよね?ってことになるんです。

特にブログ初心者はそうなりがちです。

インパクトのある言葉選びや見せ方はちょっと勉強したらできるかもしれませんが、それがアクセスにつながるかは別問題です。

読者がめっちゃ異質に感じてブログに来てくれない場合だってあります。

自分にとっては傑作なキャッチコピーができたとしても、その深い意味を読者に対してきちんと認識してもらわないと全然効果ないわけです。

いろんな切り口があるなかでどの切り口を選ぶか

「じゃあどんなキーワードがいいんでしょうか?」となるわけですです。

これは切り口の一つですが「読者が価値を感じてもらえるのなら別に自分の視点はどうでもいい」というスタンスでキーワード選びするのもアリです。

どうしても自分目線でキーワード選びをしてしまうと特に初心者の場合はなかなかアクセスが集まりません。

ちょっとハードルが高いですが、SEOの観点、つまりGoogle目線をある程度意識した切り口でないといけません。

あなたの情報発信スキルは?

あとはあなたの情報発信スキルです。

いろんなノウハウを駆使してブログ集客をしないといけません。

「どうすれば集客できるか?」に対する回答はただ一つです。

「とにかくコツコツやる」です。

たとえコンバージョン率を格段に上げるキーワードを選んだとしても情報発信スキルがないと意味ないわけです。

初心者はキーワードを品定めする力を鍛えないといけないから、ブログ記事の数をこなせ!と言われる所以です。

手を止めず、アウトプット数こなさないと読者に刺さる記事を書くことができません。

確かに時間がかかりますが、それが王道なのです。

どれくらい時間かかるもんなの?

もし1年頑張っても何も反応がないなら、発信している情報が読者に刺さってないのです。

あなたはそんなことないと思いますが、書いていることがプライベートすぎたり、どうでもいい事ばかりだったら誰も見ません。

普通半年くらいやってたら何かしら読者から反応があります。

ですからあなたは普段からキーワードを操るレベルを上げていかないといけません。

しかもそのレベルはキーワードを使って鍛えないと上がりません。

最後まであきらめずキーワードに真正面から向き合うことを怠らずに、レベルを上げていきましょう。

まとめ

今日は「ブログで読者に刺さるキーワードとは?」というテーマでお送りしました。

インパクトのある言葉選びや見せ方がアクセスにつながるかは別問題です。

ですからいろんな切り口があるなかでどの切り口を選ぶか普段から選定スキルを鍛えておく必要があります。

最後に参考になるサービスを紹介します。

GoogleがGoogle トレンドというサービスをリリースしております。

これはあなたが気になっているキーワードがGoogleでどれだけ検索されているか分かるサービスです。

こういうツール使いつつ、記事をどんどんアウトプットしていってあなたの情報発信スキル向上に努めるといいです。

それでは明日もお楽しみに!では。

いつもブログを読んで下さりありがとうございます。

ブログ読者の方へご案内

何かのご縁で興味を持って下さりありがとうございます。

「人間関係」「金銭関係」の束縛から開放される生活

これが私の直近のテーマです。

私に共感してくれたあなたには、ぜひ仲間になってもらいたいと考えております。

私ができることはまだまだ大したことないですが、仲間全員で大きくしていきたいです。

そのためにはあなたが必要です。

でも実際にどうやれば稼げるんだろう?と思っておられるかと思います。

その具体的な部分をメルマガでお伝えしていきます。

このご縁をきっかけに仲間をどんどん増やしていきたいと考えております。

ぜひ私の考えが面白い!とか参加したい!

とか思ってましたら、まずメルマガに登録下さい。

登録してくれた方には、私から感謝の気持ちとして実際コンサルで使ったPDF教材

「Twitterで集客!フォロワーUP編」をプレゼントします。

ではあなたとメルマガでお会いできるのを楽しみにしております。

今この瞬間から、あなたも人生を明るくしていきましょう!