SEOを意識した見出しタグ(hタグ)の使い方


こんにちは!今山です。

今日は「SEOを意識した見出しタグ(hタグ)使い方」について解説したいと思います。

ここ数日SEOをどうコンテンツ化しようか手が止まってました。

初心者にも分かるようにどうすればいいか考えましたが、けっこうハードル高かったです。

ですので1回あなたに解説しますので、分からないところがあれば是非連絡よろしくお願いします。

 

まずあなたに質問です。見出しタグを設置してますか?

「見出しタグはなんとなくつけてる…」

「そもそも見出しタグつけてない…」

そんな方も多いと思います。

ですので、今回は見出しタグがSEOに効果あるのか重点的にお伝えしていきます。

見出しタグ(hタグ)とは?

見出しタグ(hタグ)とは、記事コンテンツで見出しの役割をするタグのことを言います。

そもそも見出しとは、記事内容をサクッとまとめたもののことを言います。

新聞とか雑誌にもありますよね。それを見れば内容が大まかに理解できます。

大きな数字ほど小さな見出し

この見出しタグにはh1タグからh6タグまで階層があり、大きな数字ほど小さな見出しを意味します。

左の写真はワードプレスの編集画面で「段落」という選択ボタンがありまして、それを選択した時の写真です。

この「段落」ボタンは記事を作成する時に見出しを挿入するのに使います。この見出しを利用して大きい順から記事を作成していきます。

見出し1~見出し6がそれぞれh1タグ~h6タグを指し示してます。

これをみれば大きな数字ほど小さな見出しであることが分かります。

 

SEOにどれくらい効果があるか

見出しタグがどれほど検索順位に効果があるかは調べましたがこれといった回答が出てきませんでした。

しかしGoogleロボットと読者にとってパッと見で分かりやすい記事にするためにも必要不可欠であるという専門家がほとんどです。

私も以前は日記風に特に見出しをつけずに書いておりました。

それは特に見出しを意識せずにザッと書いて、後から見出しをつけようと思ったというのがあります。特に初心者にはオススメです。

現在も一部見出しがついてない記事があります。随時見出しをつけていきます。

見出しタグを設置する際の注意点

注意点は3つあります。以下の通りです。

多すぎる見出しはNG

見出しタグは大前提として、読者にコンテンツの要所要所、区切りを分かりやすく伝えることが目的です。多すぎる見出しは読者に読みづらい印象を与える恐れがあります。記事コンテンツが完成したら事前チェックとして、見出しが多すぎず適切かチェックしてください。

長すぎる見出しはNG

見出しは長すぎてもアウトです。見出しが長すぎると、Googleロボットや読者にとっても何を説明しているのかスッと頭に入ってきません。ですから適切な文字数にしてください。記事コンテンツの内容を一言で言い表せているかチェックしてください。

キーワード詰込み過ぎはNG

キーワードを詰込み過ぎると、めっちゃ違和感ある見出しになります。かえってGoogleからスパムと誤認されます。ですからキーワードを無意味に詰込むのは逆効果です。自然な形でキーワードを見出しに含めることをオススメします。

まとめ

今日は「SEOを意識した見出しタグ(hタグ)使い方」について解説しました。

見出しタグはGoogleロボットと読者にとってパッと見で分かりやすい記事にするためにも必要不可欠であります。

上手く設置することで良質なコンテンツになる要素となります。ですから先述の注意点3つを守って、適切な形で設置をお願いします。

それでは明日もお楽しみに!では。

いつもブログを読んで下さりありがとうございます。

あなたへの感謝の気持ちです

何かのご縁で興味を持って下さりありがとうございます。
今山からあなたへ感謝の気持ちとして

・初回無料コンサル
・稼げるノウハウ動画音声

この2点をプレゼントします。
その他ブログでは言えない稼げる情報を公開中です。
是非受け取って下さい。